事業概要

趣旨

県では、沖縄21世紀ビジョンで掲げる「世界に開かれた交流と共生の島」の実現を目指し、世界との交流ネットワークの形成に向けてグローバル社会に対応できる国際感覚を身につけた人材育成や県民の異文化理解や国際理解向上等を推進しています。

例年、本事業は、沖縄県内の高校生を開発途上国へ派遣し、技術支援の現場や海外青年協力隊の活動現場を視察するとともに現地の若者と交流を行う「国際協力リポーター事業」と、国際協力の専門家や海外青年協力隊経験者を県内の小中高校に派遣し、出前講座を実施する「国際協力理解促進事業」の2事業により構成されているが、今年度はコロナ禍の影響により、海外派遣事業である「国際協力リポーター事業」は中止とし、「国際協力理解促進事業」の1事業を実施する。

目的

沖縄県内の学校等において、我が国の政府開発援助宇(ODA)、青年海外協力隊、NGO等が行う国際協力の意義や現状等を学ぶ機会を提供することで、本県若者の国際感覚、グローバルな視点を涵養し、県の国際交流と国際協力活動を担う次世代の人材を育成するための事業である。

期間

「国際協力理解促進事業 (出前講座)」令和2年8月~令和3年2月

事業主体

沖縄県 文化観光スポーツ部 交流推進課
※本事業は「沖縄振興特別推進交付金」を活用した事業です。

委託事業者

令和2年度おきなわ国際協力人材育成事業共同企業体
(公益社団法人青年海外協力協会、株式会社JTB沖縄)